受かる知識

コラム

司法書士を狙うのに年齢は関係ない

何かを始めるのに年齢は関係ない。思い立った時がはじめ時だ。 って、よく聞きませんか。私もそう思っています。 なので、40代後半の私が司法書士になることに何の疑問もありません。本当です。 今回は私の年齢で司法書士なんて無理...
わかると受かる

【わかると受かる】契約の種類

今回は契約の種類について学んだことをまとめていきます。 契約の種類って意外にいろいろありますよね。意識していないと、その違いにも気づくことができませんでした。今回はその違いに焦点を集めてみました。 賃貸借契約 賃貸借契約...
わかると受かる

【わかると受かる】相殺できる債券できない債権

相殺(そうさい)って民法によく出てくる用語ですよね。出題頻度も多い内容なのではないでしょうか。今回は相殺の基礎について私が学んだことをまとめます。 相殺とは AさんはBさんに500万円の債権を持っています。その後、BさんはAさ...
受かる知識

【受かる知識】債務の履行遅滞と消滅時効をまとめました

今回は民法の債務不履行です。 ベーシックな問題ですが、私は意外にあいまいに覚えてしまったため、問題を解いていて混乱することが多かったです。 そんな債務の履行遅滞に陥るタイミングについてまとめました。 皆さんも混乱したとき...
勉強方法

【受かる知識】選択債権のキーは債務者

皆さん、選択債権は学習済みですか?選択債権ってややこしいですよね。 今回は選択債権について整理しながら復習をしようと思います。 選択債権とは 選択債権とは債権の対象物に選択肢があるというものです。選択債権は原則債務者が選...
受かる知識

【受かる知識】停止条件と解除条件

停止条件…文字の意味だけを考えるとどうしても覚えることができませんでした。なので、今回は忘れないように記事にしてみました。 試験対策的には知っていて当たり前の事項ですが…ちょっとアレルギー的な条件の項目です。 停止条件とは ...
受かる知識

【受かる知識】無権代理の相手方になっちゃったら

無権代理とは代理権がない人が代理して法律行為を行うことを言います。無権代理人の行う法律行為は無効です。 でも、いざ無権代理の契約の相手方になってしまったら?救済措置などはあるのでしょうか。さぁ~覚えていますか? 無権代理人の相...
受かる知識

【受かる知識】司法書士が登記の双方代理ができるわけ

弁護士は法律行為における代理人として受任するときに、委任者と相手方の双方の代理人をすることはできません。利害関係が存在していますもんね。 でも司法書士は登記の委任を受けるときに双方の代理をすることができます。それはどうしてでしょうか...
勉強方法

【受かる知識】失踪宣告取消しにおける現存利益

今回は失踪宣告についてです。突っ込んで話を掘り下げていったら、学習内容がより記憶に残るのではないかというもくろみです。 では!いってみましょ~ 失踪の宣告の取消しと現存利益の返還 裁判所によって失踪の宣告がされると、本人...
受かる知識

【受かる知識】不在者と失踪者

司法書士の勉強をしていると、ついついあいまいな理解のまま進んでしまうことがあります。今回は失踪者と不在者についてごっちゃに理解をしていました。やっと整理がつきましたので、まとめておきます。 失踪って? 失踪とはある人の...
タイトルとURLをコピーしました