【受かる知識】失踪宣告取消しにおける現存利益

勉強方法

今回は失踪宣告についてです。突っ込んで話を掘り下げていったら、学習内容がより記憶に残るのではないかというもくろみです。

では!いってみましょ~

失踪の宣告の取消しと現存利益の返還

裁判所によって失踪の宣告がされると、本人は亡くなったものとみなされ、相続人はその財産を相続することができます。

相続をした後に、本人が生存していることが判明した場合、本人または利害関係人の請求によって、失踪の宣告の取消しをすることができます。

失踪の宣告の取消がされると、失踪宣告が有効だった間にした相続などの財産はどうなるのでしょうか。失踪宣告によって相続人らがした土地の売却などの行為には影響を及ぼしません。しかし、万が一、当事者のどちらか一方でも本人が生きていることを知っていた場合にはその取引は無効となってしまいます。

また、本人の財産を得た人は失踪の宣告が取り消されたことによって権利を失うが、現に利益を受けている限度においてのみ返す必要があります。

現に利益を受けている限度って何だろう?

ここがよく試験などに問われるところだと先生方はおっしゃいます。これについては問題は判例に基づいて作成されるようです。

判例によると、浪費はいいけど、生活費に充てた費用は返して!という驚きの結論です。

えぇっ?浪費がよくて、生活費はダメなの?

わたしはここについてなんで?と強く思いました。失踪宣告を取消された本人だって、生活費はしょうがないけど、浪費をして使ったお金こそ返して~といいたいですよね。

しかし、浪費で使ってしまったお金はもう取り戻せないけど、生活費って本人のお金を使ったら、使ったあなたのお金は減らなかったという利益があるよね?本当は生活をしたあなたのお金が減るはずだったじゃないの。

ということだそうです。う、う~む…

現存利益とはそういうもの

ちなみに借金の返済なども失踪宣告を取消された本人の財産を使って返済したら、そのお金は返さないといけません。だって、あなた(財産を相続した人)の財産は減らなかったから。

しかし、そのお金を浪費ですでに散財してしまっていたら、もうそこに何も利益は残っていないから、返しようがないもんね。…だそうで。

試験対策的には、結論を覚えておくといったところでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた!

参考にした資料(一部引用)

ポケット六法(有斐閣)

参考にした資料

遊興費が返還不要なわけ(クレアール司法書士サイト)https://www.crear-ac.co.jp/wp/shoshi/2014/05/%E9%81%8A%E8%88%88%E8%B2%BB%E3%81%8C%E8%BF%94%E9%82%84%E4%B8%8D%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%82%8F%E3%81%91/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

司法書士過去問民法第12版 (伊藤塾セレクション) [ 伊藤塾 ]
価格:4400円(税込、送料無料) (2021/10/1時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました