【受かる知識】不在者と失踪者

受かる知識

司法書士の勉強をしていると、ついついあいまいな理解のまま進んでしまうことがあります。今回は失踪者と不在者についてごっちゃに理解をしていました。やっと整理がつきましたので、まとめておきます。

失踪って?

失踪とはある人の所在や生死がわからなくなってしまうことです。通常はこの状態が7年間続くと、法律で認められたものが裁判所に執行宣告の申立てができます。執行宣告がされると、その人は亡くなったとみなされます。

亡くなったとみなされるので、宣告を受ければ相続人は財産を相続する手続きをすることができます。また、失踪者の配偶者は他の人と結婚することができます。

ちなみに、戦争や沈没した船の中にいた人や、震災などで生死が不明な人は危難がさった日から1年間生死不明だと失踪宣告の申立てができます。

失踪宣告を受ける前に何かあったらどうするの?

私はここでふと疑問に思ってしまいました。失踪宣告を受ける前の7年間(または1年間)のうちに、失踪者本人の財産について何らかの手続きが必要になったら、どうするの?失踪宣告前は本人もいないし、金融機関など本人の意思確認が必要な契約や手続きが必要なときはどうするんだろう?

例えば、夫が行方不明になり、所在も生死もわからくて3年経ちました。そんなときに、夫の母が亡くなり、相続が発生したら誰が相続できるのでしょうか。

失踪宣告を受けていなければ、夫は「亡くなったとみなされていない」ので、当然に母の相続人となります。しかし、夫はいないので相続に必要な手続きは進まなくなってしまいます。

不在者財産管理人の存在

そんな時に必要となるのが、不在者財産管理人です。不在者とは「従来の住所又は居所を去り,容易に戻る見込みのない者(裁判所のHPを引用)」を言います。つまり、失踪した人は不在者となるわけです。

不在者財産管理人もまた、裁判所に選任の申立てを行い裁判所にて選任されます。不在者管理人は財産を守ったり、管理したりする人のことを言います。裁判所にて選任される不在者財産管理人はそうした重要な手続きが必要なことから、専門職(弁護士や司法書士)が選任されることも多いようです。

両者はタイミングが違う

今回、不在者は失踪宣告をされる前の人のことを指すということがはっきりわかりました。失踪宣告をされると、失踪した人の状況を「亡くなったものとみなす」ことではっきりとした手続きが行えます。

不在者である「生死がわからない」人のために必要な手続きをする人、不在者財産管理人を置くことで、不在者のあいないな立場が担保されることになりますよね。

これで、わたしのもやっとした疑問もスッキリ解消しました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ではまた!

参考にしたHP:不在者財産管理人選任(裁判所HP)https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_06_05/index.html

失踪宣告の手続きとは(裁判所HP)https://www.courts.go.jp/nagoya-f/vc-files/nagoya-f/file/syouteim-s16qa.H250514.pdf

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

司法書士過去問民法第12版 (伊藤塾セレクション) [ 伊藤塾 ]
価格:4400円(税込、送料無料) (2021/10/1時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました